【安全保障のご案内】

10年間の瑕疵担保責任について

瑕疵(かし)担保責任とは、売買の対象物に隠れた瑕疵(外部から容易に発見できない欠陥)がある場合、売り主が無料で補修交換などの対応を行う義務のことです。 新築住宅を供給する事業者は、住宅の構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に起因して、住宅の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合に、住宅事業者が住宅取得者に対して10年間の瑕疵担保責任を負っています。 なお、シンズクラフトは住宅保証機構に加入し、瑕疵担保責任に関する検査も受けて建築を行っておりますので、ご安心ください。

第三者機関/住宅保証機構

地盤保証について

シンズクラフトでは第三者機関の基準に基づいて、地盤調査・地盤改良工事を経て現場検査を受けています。万一、地盤の不同沈下による建物の損害が発生した場合、お引渡し日より20年間、最高5000万円が保証されます。

第三者機関/ジャパンホームシールド株式会社

雨漏りや住宅の傾きなどの
瑕疵(欠陥)の補修費用を
10年間保険がサポート。

新築住宅のお引渡しから10年間、構造耐力上需要な部分と雨水の浸入を防止する部分に瑕疵(欠陥)が発見された場合、住宅事業者じゃ無料で補修します。
補修費用などは、まもりすまい保険がサポートしています。

※住宅瑕疵担保履行法で定められた金額です。
※一戸建住宅でオプション契約を選択した場合は変更となることがあります。

工事中に、
専門の検査員(建築士)が
現場検査します。

「まもりすまい保険」では、設計施工基準を定めています。
また、保険に加入される住宅は、この基準に基づき、
工事中に専門の検査員による現場検査が行われます。

万が一、住宅事業者が
倒産した場合には、
直接、保険金が支払われます。

保険の対象となる部分に瑕疵(欠陥)が生じた場合に、
住宅事業者が倒産していたとしても、住宅取得者の
皆さまは住宅保証機構から直接、保険金の支払いを
受けられます。

トラブルにも対応しています。

保険の対象となる部分に瑕疵(欠陥)が生じた場合に、
住宅事業者が倒産していたとしても、住宅取得者の
皆さまは住宅保証機構から直接、保険金の支払いを
受けられます。

【アフターメンテナンス】

シンズクラフトでは家を建てることがゴールではなく、スタートと考えています。 そのため定期的にメンテナンスとして訪問させていただいております。元大工の腕を活かして、その場での微調整も行います。また、住んでいて気になったことなどがあれば、お気軽にご相談ください。

点検の内容

《6ヵ月点検》

半年お過ごしになって、住み心地や気になることなどをお聞かせください。小さなことでも遠慮なくご相談ください。

・往復ハガキにて、メンテナンス日を確認
・建具や内装(床、壁、天井、電気、窓、戸など)の点検
・ガス・水廻りの点検
・外壁・塗装の点検 など

チェックシートを基に厳格に点検いたします。

《1年点検》

すべての季節をお過ごしになり、季節ごとに気づいた点をお聞かせください。そのお家に合った暮らし方のアドバイスなどもさせていただきます。

・往復ハガキにて、メンテナンス日を確認
・建具や内装(床、壁、天井、電気、窓、戸など)の点検
・ガス・水廻りの点検
・外壁・塗装の点検 など

チェックシートを基に厳格に点検いたします。

《2年・5年点検》

数年お過ごしになり、特に不具合が出ていなくてもプロの目でチェックさせていただきます。住宅を長持ちさせるための計画的なメンテナンスのアドバイスもいたします。

・往復ハガキにて、メンテナンス日を確認
・建具や内装(床、壁、天井、電気、窓、戸など)の点検
・ガス・水廻りの点検
・外壁・塗装の点検 など

チェックシートを基に厳格に点検いたします。

《9年6ヵ月点検》

住宅は10年で瑕疵担保保険が切れてしまいます。瑕疵担保保険は、構造耐力上で重要な部分や雨水の侵入を防止する部分に10年の保証がついているため、シンズクラフトでは保険適用ができるように9年6ヵ月目に点検を行っています。

メンテナンス期間が終了しても、何かお困りのことがあればお気軽にご相談ください。
住まいのホームドクターとして、一生のお付き合いをさせていただきたいと思っております。